効果的なピルの使用

忙しい現代女性にとって、毎月の月経はからだと心の負担になります。大切な会議の日と月経のピークが重なりそう。
海外旅行中に月経が来るのかどうか、わからない。いっそ半年に1回になったら、どんなにラクかしらなんてつい考えてしまいます。
そこで低用量ピルの出番。ピルを飲んでいる間は、月経がきちんと28日周期で訪れます。つまり1カ月の予定が格段に立てやすくなるということです。
さらに、月経を長期間ずらしたい場合は、ホルモンが含まれている実薬を飲み続けるだけで月経を先送りすることができます。
月経が始まると吐き気がして何も食べられない。腰や下腹が痛くて寝込むこともある。こんな辛い症状に悩まされている女性は案外多いですよね。
普段の生活が妨げられるほど症状がひどい場合を月経困難症といいます。10代では子宮が未成熟であるために起こりやすいのですが、20代を過ぎても辛いようであれば、子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンによるものと考えられます。
プロスタグランジンは本来、出産時に陣痛を起こす物質で、臓器をぎゅっと収縮させる働きがあります。痙攣性の腹痛を、この低用量ピルの服用によって軽くすることができます。
出血量については2周期以上低用量ピルを飲み続けることによって、出血が43%減少したという報告があり、ナプキンの使用量が格段に減ったという話もよく耳にします。
その為、低用量ピルは医薬品 通販で女性に大人気となっているようです。